「食事をする前にチョコレートを食べる」というダイエットをしました。チョコレートはカカオが多めで甘くないものをチョイス。ちょっと価格面で不満があったけれどカカオが多いチョコレートはサプリメント感覚で食べれます。チョコレートは身体に良いものだからどんなものでもいいんだけど、子供が好んで食べそうな甘~いチョコレートはダイエットにむいていないと思います。ダイエット中は可能な限り糖分を控えたいですからね・・・。

カカオが多めのチョコレートはとてもビターです。真っ黒で、普段美味しい美味しいと言って食べているチョコレートの色とは違います。ミルクたっぷりのチョコレートは茶色ですがビターチョコレートはほとんど黒。だから見た目でぎょっとしてしまうのですが食べ慣れればなんとか続けられます。美味しいチョコレートしか食べたくない!という人には絶対に無理なダイエット方法になります。私はサプリメントだと思うようにして頭の中からチョコレートのイメージを消して食べたので毎日のように食べることができました。

こういうビターなチョコレートを食事の前に2口くらい食べます。お腹が空いているときに食べるとはっきり分かりますが空腹感が消えます。私はチョコレートを2口食べるだけでお腹が落ち着くというかお腹が空いた状態ではなくなりました。一時的ですが空腹感が弱くなるのでそのタイミングで食事をするのです。そうするとたくさん食べようと思っても少量で満足します。まさに腹8分目・・・イヤ腹6分目という感じでした。腹6分目で満足すると痩せますよ~。

嘘みたいに体重が落ちていきました。今までどれだけ食べていたのか恐ろしく感じたし、人間の身体は少しの食事でも充分なんだと分かりましたよ。逆にたくさん食べる方が不健康なんじゃないかとも思いましたし・・・。食べ過ぎ状態は身体に悪いことだとこの頃はっきりと分かりました。少量の食事のほうが身体の細胞が目覚めるというか身体が生き生き動き出すことも分かりました。欲張ってはいけないのです・・・。

チョコレートを食べると満足感が高いのでしょうね・・・。これは私に限ったことではないと思うので、日頃食べ過ぎる傾向があってそれが元で太ってしまう人にはお勧めしたいです。ビターなチョコレートはたくさん食べなくてもいいんです。もちろん甘いチョコレートもたくさん食べる必要はありません。板チョコだったら半分も食べる必要はないんですよ。